ブライダルの種類に合わせて

人生の門出となるブライダルと旅行を両方楽しみたいなら、旅先でブライダルを挙げてしまうというのはいかがでしょう。多くのリゾート地でも行われているように、非日常感を味わえる旅先でブライダルを挙げるのは多くの方が憧れていることです。
とくに旅先でのブライダルでは、美しい景色や素晴らしい環境を味わうことができます。ホテルや式場で行うブライダルと違い、青い海や透き通る空の下、また美しい雪化粧をバックに開放感や非日常感を感じることもできます。いつも見慣れた環境も良いですが、思い出に残る素敵なブライダルなら心惹かれるような環境で行いたいと思うもの。
ところで旅行先でブライダルを行うとなれば、参列者の問題も生じます。身近な環境で行う披露宴なら300人呼べても、旅費まで負担して旅行先に300人もの参列者を引き連れていくのは不可能に近いところです。
ただし逆に考えれば、これはメリットでもあります。旅行先でのブライダルなら近しい友人や家族だけで楽しむことができ、人数をコンパクトにして、よりブライダルを楽しむことも可能。
またどこに行くのかによっても楽しみ方は変わります。雪の季節なら北の地域が良いでしょうし、海や夏を感じるなら南の地域が素敵。選び方だって楽しめます。どこの地域ならどんな楽しみ方ができるかを想像するのも楽しみです。
そんな旅行とブライダル、療法を楽しむ方法についてまとめました。ブライダルの方法、行先、費用の別にポイントやメリットもご紹介します。

人生の門出だからこそ非日常感を味わう

どんなブライダルをしたいのか。人生の門出となるその日をどんな形で迎えるのかということは大切。幼いころから憧れていたブライダルがあるという方でなくても、せっかくならこの機会にチャレンジしてみたいというブライダルもあるでしょう。方法から考えるブライダルについてまとめました。

旅行先別でも違いはある

ブライダルと旅行を組み合わせるなら、まずはどこに旅するのかを選択することも欠かせません。そこでどこを選ぶとどんなポイントがあるのかについてまとめました。ブライダルというと真っ青な海と空のイメージを持つかもしれません。しかし可能性は無限大なのです。

予算から見るブライダル

旅行とブライダルを組み合わせる上で最も欠かせないところが予算ではないでしょうか。費用にいくら位かかるのか、旅行先別にどれだけ違いがあるのか等、実際に行動するかどうかを左右する上でポイントになるところ。一体どの位かかるのかといった費用面についてまとめました。

▲ページTOPへ戻る